小江戸鏡山酒造日記

kagamiyama.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:造りの様子( 110 )


2011年 11月 21日

酒造好適米

今日は久しぶりに
お酒造りについて書きたいと思います。


・・・といっても、難しい話は苦手なので


今日は『お米』について少しだけ。


まず、お酒を造るには
『米』 『水』 『酵母』 『麹』 が主に必要となります

中でも『米』がなければ何もできません。


そして『お酒』を造るために用意されたのが
『酒造好適米』です。
ごはんで食べる米よりも大粒で心白があるものが
酒造りには適しているのです。


鏡山でも
『さけ武蔵』『雄町』『美山錦』といったものが使われています。


参考までに
写真に撮ってみました。
d0091122_18583292.jpg

d0091122_1911121.jpg

d0091122_19114042.jpg


上から
『さけ武蔵』 『美山錦』 『雄町』 というお米です。
皆さん違いがわかりましたか?
[PR]

by koedokagamiyama | 2011-11-21 19:14 | 造りの様子 | Comments(0)
2011年 06月 03日

22BY 最後の上槽

ついに

今年度も最後の一本となりました。
幸いなことに気温の低い日が続き
驚くほど
問題もなくこの日を迎える事が出来ました。

d0091122_16275763.jpg


ポタポタと

滴っております。



d0091122_1630194.jpg






酒粕が、
まだご要望があるようで・・・


ありがとうございます。
[PR]

by koedokagamiyama | 2011-06-03 16:31 | 造りの様子
2011年 04月 11日

仕込み直前

今から麹の引き込みです。
昨日洗った酒米がこちら

d0091122_874815.jpg


埼玉県発祥の川越産『さけ武蔵』
手洗いで優しく洗ってます。

実は今回、新たな限定酒の仕込みなんです。



それは・・・


まだ公にはできません。
ごめんなさい。

でも、楽しみにお待ちいただければ幸いです。
[PR]

by koedokagamiyama | 2011-04-11 07:05 | 造りの様子
2011年 03月 29日

南部杜氏魂

今鏡山としてできる事。
岩手、南部杜氏から受け継いでいる魂を胸に
最後まで心を込めて酒を仕込む。
これも鏡山として出来る事の一つだと思います。

計画停電の影響も多々あるものの、
今日も仕込みは元気に行われました。
d0091122_16434578.jpg

我らが営業部長の掛け声とともに蒸しあがった
『さけ武蔵』が放冷機に流されていきます。

d0091122_16475615.jpg

今日も蒸米サバケはなかなか良く、いい散り具合でした。


しかし、今日の川越は夏を思わせるような暖かさで、少し昼に外を歩くと汗ばむくらいでした。
[PR]

by koedokagamiyama | 2011-03-29 16:52 | 造りの様子
2011年 03月 08日

斗瓶取り

ようやく、一年の大仕事
斗瓶取り雫酒の首吊(クビツリ)の作業を無事に終えました。

d0091122_17254095.jpg

作業工程は普段とさほど変わりませんが、モノがモノなのでさすがに蔵人一同
気合が違います。
普段以上のチームワーク、スピーディーかつ、無駄のない動きで作業を終えました。


d0091122_1729546.jpg


果たして、今年こそ出品に間に合うのでしょうか(笑)

これで、仕込み本数も折り返し。
あとは、気温との戦いですね。
[PR]

by koedokagamiyama | 2011-03-08 17:37 | 造りの様子
2011年 02月 26日

もう少し

朝の麹の香りとともに
春の香り
そう、『花粉』がすぐそこまで来ています。
なにやら目が痒くなってきた今日この頃。
みなさんはいかがですか?


d0091122_17201943.jpg


もう少しで
こんな作業が始まります。

(よって)
⇒もう少しで酒粕が出せる?かも?
[PR]

by koedokagamiyama | 2011-02-26 17:24 | 造りの様子 | Comments(0)
2011年 01月 22日

沸沸と

大吟醸のモロミが動いています。

d0091122_16102883.jpg


このところ連続的な乾燥注意報。
そして、吟醸造りには欠かせない『寒さ』が続いています。
環境は整いました。

『斗瓶』仕込みです。


いざ勝負!
[PR]

by koedokagamiyama | 2011-01-22 23:08 | 造りの様子
2010年 12月 18日

今日の酛

川越ではこの時期
酒粕の注文が殺到するので
上槽後には日夜、常に暇さえあれば
シャモジ片手に酒粕の袋詰めを行っています。
出荷が間に合っていません008.gif
大変、お待たせしてすみません。
用意出来次第、出荷しております。


気がつけば、吐く息が白くなってますね042.gif
蒸しあがった酒米が温かく感じます。
(でも蒸したてに触れば、やっぱり火傷します037.gif

d0091122_17123954.jpg


モト屋さんが丁寧に管理している
季節限定商品の酛です。
[PR]

by koedokagamiyama | 2010-12-18 17:19 | 造りの様子
2010年 11月 11日

搾りたて

本日、二本目の上槽(モロミを搾って、お酒と酒粕に分ける作業)を行いました。

搾りたてだけあって、香がフレッシュでキレイな仕上がりになっていました。
これが瓶詰めされて店頭にたつ頃には
程よく角が取れ、いい味に変化しているのが期待できます。
d0091122_17372727.jpg


搾っている槽です。

d0091122_17381536.jpg


これが本当の搾りたてのお酒。

18日初搾り解禁をお楽しみに。
[PR]

by koedokagamiyama | 2010-11-11 17:41 | 造りの様子
2010年 11月 04日

moromi

もろみの面を
夜中にちょっと盗み撮りしてしまいました。

d0091122_12313492.jpg


ちなみにこのもろみは、純米吟醸タイプのものです。
蓋を開けただけでも、香が立ち昇り、
ついついタンクの中に引き込まれそうになります。
[PR]

by koedokagamiyama | 2010-11-04 12:34 | 造りの様子